FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」

アメリカ大統領のシークレット・サービスの中に裏切り者が出るという設定の、犯罪・刑事・テロリストもの。

撃ち合いとか、ヘリの撃墜とか、シークレット・サービスのあれこれのディーテールは、ハリウッドではもうマニュアル化されてるのか?というぐらい、そつなく出来上がってて、そういう意味ではなかなか楽しめました。


マイケル・ダグラス
キーファー・サザーランド
キム・ベイシンガー
エヴァ・ロンゴリア


お気に入り度は

☆☆☆+

です。






この映画、技術的なことについては本当にそつなくできているのだけど、ストーリーとか脚本が、よくあるパターンのつなぎ合わせみたいなかんじのところが、いまひとつか…。つまり「ベタ」なつくりということ。


クリント・イーストウッド主演の「ザ・シークレット・サービス」、ハリソン・フォードの「逃亡者」、マット・デイモンの「ボーン・アイデンティティ」などなどを切り貼りしたかんじでした。

まあそういうのも「水戸黄門」で安心して見れるというのもあるので、それはそれでいいんですけどね。。


主演のマイケル・ダグラスは大物俳優だけど、私的には、なんかいつもいまいち。かっこよくもないし、おどおどしてるし、動きもどたどたしてるし…。

大統領夫人役のキム・ベイシンガーは、沢山いる好きな女優さんの一人なんだけど、だいぶ年取ったなぁ~。


デスパレートな妻たちのガブリエル(エヴァ・ロンゴリア)が敏腕新人捜査官役で出てきたのにはびっくり。

アメリカ人て美女の敏腕捜査官が好きなんだなぁ~。こういう映画だと、必ずといっていいほど出てきますよね。訓練所でものすごく優秀だったとか。。クリント・イーストウッドの出てた「ザ・シークレット・サービス」にも出てきたし…。あまりにも沢山そういうのが出てくるので、これももはやベタすぎちゃって、滑稽な感じになってきてます。


それにしても、この邦題はいったいなんなんだろう。

「陰謀の星条旗」って(^^;)

あんまりストーリーと関係ないかんじです。




映画の記録
新着順






映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ジャスティス」 | HOME | 映画「宋家の三姉妹」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |