月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「エリザベスタウン」(2005)

原題:ELIZABETHTOWN


お気に入り度



あんまり面白くなかった。


もっぱら、キルスティン・ダンストがかわいい。

が、それ以外はなんじゃこりゃと。。。

主人公のドリュー(オーランド・ブルーム)は、会社で大失敗をして、10億ドルの損失を与え、自殺を企てる。

その自殺の仕方というのが、サイクリングマシーンに、包丁をくくりつけ、自分を何度も突き刺すというもので、コメディっぽい。
その自殺の直前に、妹から電話があり、父親の死を知らされる。

飛行機で南部はケンタッキー州の「エリザベスタウン」へ向かうが、その閑散とした飛行機のスチュワーデスが、キルスティン・ダンスト演じるクレア。

これがまたブロンドで、色白で、かわいい。

エリザベスタウンに到着すると、父親のミッチが、町の人皆に愛されていたことを知る。

印象的な場面の一つは、ドリューとクレアが、電話で何時間も話をする場面。最後は、車でお互いに向かって走り、道路で出会う。

と、いい感じの二人だが、お互いに、それぞれの本命の置き換えにしか過ぎないなどといって、素直ではない。

この映画の最大のつまらない場面は、父親の葬儀が、まるでパーティか舞台で、妻のエンターテイメントみたいなことをする場面。コメディやら踊りやらで、場を盛り上げるのだけど、なんじゃこりゃという場面。くだらない。

その最後には、ロックバンドが騒がしい音楽を鳴らしつつ、鳥のつくり物が客席の上を糸を伝って移動するときに、火事を誘発し、スプリンクラーが水をまき始める。しかも、その間、騒がしい音楽はそのまま。なんというつまらない場面なのか。火事になってるのだから、音楽止めろよ。

映画、最後のあたりは、ロードムービーになる。車で父親の遺灰を運ぶ主人公は、クレアの作った、特別なロードマップに従って運転する。その途中には、アメリカの様々な観光名所がある。キング牧師が暗殺されたモーテルなどもあった。

最後は、世界で二番目に大きなフリーマーケットに行くのだけど、そこで待っていたクレアと、ハグして、ハッピーエンド。


以前の同じ映画のレビューはこちら
「エリザベスタウン」


Wikipedia









テーマ:恋愛映画・ロマンティックコメディ - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「月に囚われた男」(2009) | HOME | 映画「私がクマにキレた理由」(2007)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。