月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「アイリス」(2001)

原題: IRIS


お気に入り度
☆☆☆


ジュディ・デンチ、ケイト・ウィンスレット、ジム・ブロードベント出演。
リチャード・エアー監督。


実在の人物、アイリス・マードックの物語。
アイリスの夫ジョン・ベイリーの回想録に基づいている。

ジョン・ベイリー役のジム・ブロードベントがアカデミー助演男優賞を受賞している。

アイリスがアルツハイマー性痴呆症になってしまい、夫がその介護をする話。
最後はアイリスが亡くなってしまう。

アイリスの若い時の話と行ったり来たりしながら進行する。

深刻な話なのだけど、映画としては、内容が乏しいかんじ。

ジュディ・デンチやジム・ブロードベントの演技など、見どころはあるものの、ストーリーが単調で、ありがちな話すぎてあまり面白くない。


Wikipedia



テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「クライアント・リスト」(2010) | HOME | 映画「素晴らしき哉、人生!」(1946)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。