月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「クライアント・リスト」(2010)

原題:THE CLIENT LIST


お気に入り度
☆☆☆


テレビドラマ「クライアント・リスト」の元になったテレビ映画。
ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演。


要は風俗嬢の物語。
夫が失業し、経済的に困った二児の母の若妻が、マッサージの仕事につこうとするも、実は裏に風俗店もしているマッサージ店だった。
お客に好評なヒロインだが、あるとき警察の手入れを受け、すべてが明るみに出ることに。
客のリスト(クライアント・リスト)を公にすることで、減軽されるが、家族も失い、公開する日々。
そんなとき、クライアントの妻たちが家に押し掛ける。
責められるのかと思ったら、夫を引きつける方法を知りたかっただけだった。
という、最後は嘘っぽいオチ。

アメリカでは貧富の差が広がり、中産階級が崩壊し、超金持ちか、貧乏人かの二極化が進んでいる。
そんな世相を反映しての映画で、見ていてもなんだか楽しめない。
2004年にテキサス州で起こった実話を元にしているとのこと。



Wikipedia




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「フライド・グリーン・トマト」(1991) | HOME | 映画「アイリス」(2001)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。