月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「素晴らしき哉、人生!」(1946)

原題:IT'S A WONDERFUL LIFE


お気に入り度
☆☆☆☆


古典の名作ともいえるモノクロの定番クリスマス映画。巨匠フランク・キャプラ監督。
ジェームズ・スチュワート主演。


主人公のジョージ・ベイリーは、優秀なのにお人よしでいつも貧乏くじを引いてしまう。子供のころに弟を助けるために、凍りつく池に飛び込み、弟の命を救うも自分は高熱をだして片耳の聴力を失ってしまう。世界中を飛び回る希望に燃える青年時代だが、父親の急死にともないその事業を救うために後を継ぎ、田舎町に留まることになってしまう。

その事業とは庶民に住宅を買う資金を貸し付ける貸付組合で、利益は出ないが多くの人々を高い家賃の貸しアパートに住むことから救うというもの。主人公の尽力で事業は好調だったが、貸しアパートを沢山持ってる町の有力者で銀行家のポッターから睨まれてしまう。

ポーターは高給でベイリーを買収しようとするも、正義感から断る。しかし、あるとき、ポッターの罠によって、ベイリーは危機に陥ってしまう。叔父が大金を有力者の銀行に持って行ったときなくしてしまうのだが、それは実はポッターの手元にあり、ポッターは策略からそれをベイリーに返さなかったのだ。クリスマスの夜、万策尽きたベイリーは自殺を考える。

そこに天使のクラレンスが現れ、主人公が居なかった世界を垣間見せる。その惨憺たる状況に、主人公は自分の窮状などは、自分が生きている元の世界の素晴らしさに比べたら大したことではないと気づく。

最後には主人公に助けられてきた庶民たちが少しずつお金を持ち寄り、主人公の危機を救い、ハッピーエンド。


Wikipedia



テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「アイリス」(2001) | HOME | 映画「ノーラブ・ノーライフ」(2006)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。