月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「スミス都へ行く」(1939)

原題:MR.SMITH GOES TO WASHINGTON


お気に入り度
☆☆☆+


フランク・キャプラ監督の古典の名作。ジェームズ・スチュワート主演。
しかし、現代的な視点ではやや物足りないかんじも。


ある上院議員の死にともない、利権のために自分に有利な法案を通したい地元の有力者ジム・テイラーに操られてる政治家らは、自分たちのいいなりになる後任を探していた。有力な政治家ジョン・ペインもその一人だった。

その候補として急浮上したのが、ジェフこと、ジェファーソン・スミス。少年レンジャーの隊長で少年たちの人気者。山火事を消したことで新聞にも載り、英雄ともてはやされていた。政治の素人でお人よしのスミスは、容易に操れると考えられたのだ。

首尾よく上院議員となったスミスは、ワシントンに赴くが、汚い政治の渦に巻き込まれる。はりきったスミスは、少年たちのためのキャンプ場を作る法案を通そうとするが、その場所こそ、ジム・テイラーの利権が絡む土地であり、一転して邪魔者となったスミスは、策略によって汚職の嫌疑をかけられてしまう。

スミスを辞職させ追放する議事が進行してしまうが、阻止するために、スミスは議場で長時間の演説を始める。発言中は誰も止めることが出来ないという規則を利用するためだ。

しかし、何時間にもわたる「発言」でスミスは疲労困憊する。その間にも悪徳議員や悪役の有力者たちは、世論をも操作しようと新聞社にも手を回す。少年たちの応援も虚しく、議場にはスミスを批判する電報が沢山寄せられてしまう。

しかし、最後の最後、自責の念に駆られたペインは議場の外で自殺を企てる。それも止められ、議場ですべての不正を告白し、スミスは救われてハッピーエンド。


分かりやすくて良いのだけど、いくら有力者でも全国の新聞社に手を回すことが出来るというのも、リアリティがない。スミスの演説もなかなか感動的ではあるのだけど、「アメリカの建国の精神」などなど、当たり前っぽいかんじで物足りない。最後のどんでんがえしのハッピーエンドも、悪役の自責の念というのも、あっけないというか、とってつけたようなというか、簡単すぎてつまらない。

そのへんが、なんとなく物足りないので、お気に入り度も名作のわりには伸びないかんじです。


Wikipedia




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ノーラブ・ノーライフ」(2006) | HOME | 映画「ネクスト NEXT」(2007)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。