月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「アドレナリン」(2006)

原題:CRUNK


お気に入り度
☆☆☆++


スピード感あるコミカルなノンストップ・アクション映画。
結構面白かったと思う。


ある組織の殺し屋が、毒薬を打たれるところから話が始まる。その毒薬は、アドレナリンを摂取もしくは出し続けないと死んでしまうというもの。解毒薬を手に入れるための、ノンストップな戦いが始まる。

途中から登場する殺し屋のブロンドのガールフレンド(エミィ・スマート)が、ブロンドのステレオタイプである浮世離れしたボケ役を演じている。タフガイの殺し屋と清楚でちょっと抜けてるブロンドのコントラストが面白く、映画全体にコミカルでユーモラスな要素を与えている。悪役には容赦ないタフガイがそのブロンドには優しいのがまたコミカル。

最後は主役の殺し屋がヘリから落下し死んでしまうのだけど、地面に到達するまでの間にブロンドの留守電に形態から電話する。現実には絶対に不可能なことなのだけど印象的なシーン。


Wikipedia



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ダウト~あるカトリック学校で~」(2008) | HOME | 映画「タイムライン」(2003)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。