FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「ラッキーナンバー7」(2006)

原題: LUCKY NUMBER SLEVIN


お気に入り度
☆☆☆☆


ハードでシリアスなサスペンスだけど、ユーモアもあり、ロマンスもあり、面白かった。
ブルース・ウィルス、ジョシュ・ハートネット、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、ベン・キングスレー出演。ポール・マクギガン監督。


ある青年に間違われた青年が、二つの犯罪組織の両方から脅され、「借金」の代償として、殺人を命じられる。

ルーシー・リューが、コミカルで魅力的な女性を演じていて、最後には、主人公と結ばれる。

どんでん返しは、主人公は実は間違われたのではなくて、二つの犯罪組織の首領を、過去の復讐のために殺す目的で、それを演じていた。

ただですねー、あんな込み入ったことしなくても、復讐できたんではないか。込み入ったことすることの意義が、いまひとつ明確でない。実際、簡単に二人の首領を拉致できたし、近づくだけなら、ブルース・ウィルス演じる殺し屋が近づいてたし、込み入ったことしてたことと、最後に拉致できたこととの関係が不明。

それから、ルーシー・リューが胸を撃たれて死んだふりするところだけど、なんで頭撃たないのか、不明。確実に殺すなら、頭撃つでしょう。

それから、目的のために、いくら借金まみれでギャンブルに溺れてるからといって、無実の青年を殺すのも、どうかと思う。他の部分が、二十年前に殺し屋のブルース・ウィルスが子供を殺さずに助けてたり、結局はルーシー・リューは殺さなかったりと、ヒューマンな部分を見せてるだけに、最初に殺された青年の立場はどうなのか疑問。

ベン・キングスレーとモーガン・フリーマンの悪の組織の首領ぶりだけど、貫禄ない。最後も簡単に殺されちゃうし、警備はどうなってたのか不明。手下の人数も少なすぎるのでは?

どんでん返しも、登場人物が少ないので、簡単に予想できちゃう。青年のルーシー・リューに説明するときの回想シーンが現実と違うのだけど、画像で見せてるのだから、あれは回想で事実でないってのは、サスペンスとしては反則なんじゃないか。それがなきゃ、どんでん返しがあまりにもみえみえなんで仕方ないか。

そういうわけで、雰囲気もあって、それなりのどんでん返しもあり、最後はハッピー・エンドっぽくて、良かったのだけど、結局、映画としてはB級なんじゃないだろうか。


Yahoo映画



テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画

☆☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ブルーサンダー」(1983) | HOME | 映画「特急二十世紀」(1934)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。