FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「ザ・ウォード/監禁病棟」(2011)

原題:THE WARD


お気に入り度
☆☆☆


精神病院の中のミステリー。ジョン・カーペンター監督。
まあまあ、ふつうに面白かった。

最初の場面は、少女が、一軒家に放火し、逮捕されるところ。

それから精神病院にほうり込まれ、数人の少女たちと治療をうける。

精神病院という閉鎖された環境で、ありがちな話が展開する。
治療とも虐待ともつかないような扱いをうけたり、自分は正常と訴えるも聞き入れられなかったり。
そして、仲間の少女たちが次々と謎の死を遂げる。
主役の少女が入院する前にいた、ある少女が犯人であるにちがいないと思うようになる。
で、主役は精神病院を脱走しようとしたり、失敗したり。

最後のオチは、結構面白い。

実は主役の少女の放火は、犯罪者に監禁されたあげく逃げ、その隠れ家に放火したというもので、
少女は監禁された過酷な経験のトラウマで多重人格になってしまう。
そして、登場する少女たちはすべて、主役の少女の多重人格の一つ一つであり、
それが死ぬということは、多重人格が一つ一つ無くなっていく過程をあらわすということ。
悪役に見えた精神科の医師や看護師らは、実は少女を治療しているだけだった。
最後には、少女は元々の一つの人格に戻る。

なかなか面白いストーリーなのだけど、最後の種明かしのあたりまでは只のホラーみたいに見えてしまって、あんまり面白くない。種明かしのところは、そういわれればそうだったのか、という程度で、あんまり納得した気分にならないのは、途中までのホラーが、ただのホラーだからで、あんまり複線とかないし、多重人格が無くなってったのだということが、言葉で説明されるだけだからかも。

それに、主役の少女の姿と、最後の一つの人格に戻った姿が、違う人であり、最初の主役の少女は多重人格の一つで消えてしまったということになっているのだけど、放火したのはその少女なのに、なんとなく合点がいかない。第三者が見る姿は最後の一つの人格の姿であり、多重人格の一つの主観で思う自分の姿は最初の主役の姿であるべきなのに、第三者が見る姿まで、多重人格の一つの姿になっているからだろうか。


goo映画
Wikipedia



テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「CHLOE/クロエ」(2009) | HOME | 映画「5デイズ」(2011)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。