FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「アリス・イン・ワンダーランド」(2010)

原題:ALICE IN WONDERLAND


お気に入り度
☆☆☆


まあまあ、面白かった。
CGも駆使した、新感覚の「不思議の国のアリス」。
あの文学の名からヒントを得た新しい物語とみるべき。
ミア・ワシコウスカ主演。ジョニー・デップ出演。ティムバートン監督。









頭でっかちで背の低い赤の女王が悪役ということで、最後には、その妹の白の女王と戦争になる。
アン・ハサウェイ演じる白の女王は美女。
映画の中では、善人は美しいことになってる。

当然、アリスは善人組みで、甲冑を身に着けて大活躍、最後には勝利。
現実世界に戻る。
中国大陸との世界貿易に乗り出すというエンディング。

もう一工夫あると、もっと奥深い物語になったかもと思うのだけど、不思議の国の不思議さは不思議なままであり、単純な話になっている。


Wikipedia



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011) | HOME | 映画「フェア・ゲーム」(2010)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。