FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「ゴーストライター」(2010)

原題: THE GHOST WRITER



お気に入り度
☆☆☆+


まあまあ、それなりに楽しめた。
ロマン・ポランスキー監督作品。
ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン。
SEX AND THE CITY のサマンサ・ジョーンズこと、キム・キャトラルも出演。



謎の死を遂げたゴーストライターの代打で、イギリス首相の自伝を書くことになった男が、謎や陰謀に巻き込まれていく。主に、アメリカの小さい島を舞台に物語は進む。

謎が謎を呼ぶかんじの、サスペンスで、カーナビの残ってる記録どおり誘導されるとか、いろんな仕掛けもあって、面白い。
イギリス首相にCIAの息がかかってるっていう疑惑から、どんでん返しで、伏線もあり、さすがロマン・ポランスキー。

でも、殺されたゴーストライター第一号の、残した文章に、イギリス首相の奥さんがCIAだって書かれてるってのも、まあ、しかけっちゃー仕掛けなんですけど、そんな回りくどいことする必要がどうしてあるのかがよくわからん。

電話で一言伝えれば済むんじゃない?

最後のエンディングでは、かわいそうなユアン・マクレガーが車にひかれて、たぶん殺されたっていうことなんだと思うのだけど、それで終わり?っていうかんじ。ちょっとつまらない。


goo映画
allcinema



テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画

☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」(2010) | HOME | 映画「スリーデイズ」(2010)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。