FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「127時間」(2010)

原題: 127 Hours


お気に入り度
☆☆


すごい話だし、映画化したいと誰かが思うのは当然なのだけど、見てて痛々しすぎます。
借りなきゃ良かったと思ったけど、アカデミー賞多数ノミネートなので、見とくべきかなとは思う。


とくに最初のあたり、音楽がひどい。アップテンポな曲なのだけど、耳障り。

実話の映画化で、渓谷をトレッキングするのが趣味の男性が、人気のないところで、岩に手を挟まれ、身動きが取れなくなり、最後には自分の腕をナイフで切断して、命が助かるという話。

で、岩に手を挟まれていたその127時間を、映画化したということ。

かなり早回ししました。

痛々しいし、ポイント以外は、ストーリーに動きがないから。岩に挟まれてる場面が殆どで、94分の映画にするのは、難しいのではないか。

正直、面白くはなかった。20分ぐらいの短編にしたら、よかったかもしれない。

岩に手を挟まれたまま餓死しますか、それとも、自分で自分の腕を切断しますか、という究極の選択を迫られ、腕の切断を選んだということで、ものすごいインパクトのある実話なのだけど、映画としてはどうなのか。その「事」だけで映画になるのか。少なくとも、面白い映画になるのか。その「事」だけを聞けば、分かることは分かるし、映画でそれ以上の付加価値が付くものなのだろうか、と考えると、疑問。


Yahoo映画



テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「イップ・マン 序章」(2011) | HOME | 映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(2011)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。