FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「嘘つきは恋のはじまり」(2008)

原題: THE LAST WORD


お気に入り度
☆☆☆+


ウィノナ・ライダー主演の、ちょっと暗い、ちょっと面白い、恋愛・ヒューマン映画。


主役の男性は、自殺志願の人の遺書を代わりに書く仕事をしている。遺書には詩が織り込まれる。
あるとき、自分のつくった詩が葬式でどのように読まれているか、見に行くが、自殺したカスタマーの妹(ウィノナ・ライダー)に声をかけられる。
自分の仕事を内緒にしたまま、付き合い始めるが、あるときばれてしまう。
兄の自殺を止めなかったことを責められたことをきっかけに、それまでカスタマーの自殺を止めることはしていなかったのをやめて、カスタマーの一人の音楽家の自殺を止める。

最後は、その音楽家と、その音楽家が、音楽家でなかったときにしていただろうと言っていた仕事をする場面でエンディングとなる。その仕事とは、ファックスの機械などを放り投げて捨てる「崖」を買って経営すること。

恋愛物語のようでもあるが、本筋は「自殺」を扱っている。

主人公の男性も、暴力をふるう父親から逃げて生活する幼児期を過ごしていて、幼くして母親を交通事故で失っている。ヒロインの自殺した兄も、すい臓がんで、自殺を止めることができなかったという設定。

前半部分、話のテンポがやや遅く退屈。話の途上で、自殺志願の人が何人か登場することもあり、なんとなくどんよりとした雰囲気。


ほんとうは、ジェニファー・アニストン主演の映画「ウソツキは恋のはじまり」を借りるつもりだったのだけど、間違えた。


Yahoo映画



テーマ:恋愛映画・ロマンティックコメディ - ジャンル:映画

☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(2011) | HOME | 映画「ハンナ」(2011)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。