FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ギルバート・グレイプ」(1993)

原題: WHAT'S EATING GILBERT GRAPE


お気に入り度
☆☆☆☆


ラッセ・ハルストレム監督、ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ出演。


ギルバート・グレイプ(ジョニー・デップ)は、アメリカの田舎町で、知恵遅れの弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)と、過食症で極度に肥満した母親の面倒をみる心優しい少年。

その善意に満ち溢れながらも、苦悩する様を、優しい眼差しで静かに描く。

最後は、母親が二階の部屋のベッドの上で死んでしまうが、それを一階に下ろすのに、クレーンで吊るすなど、人々の好奇の眼差しにさらされることをおそれ、家に火を放って火葬してしまう。

エンディングでは、ギルバートとアーニーが旅に出る場面。二人の妹も元気に生きているという話で、家は燃えてしまったけど、悲劇にはなっていない、心温まる終り方。

ギルバートが、ガールフレンドから、欲しい物を聞かれたときに、家族の一人一人にいろいろなものを言うのだけど、その中で、「アーニーに新しい脳」というのが、面白かった。そして、「自分のために欲しい物」を聞かれて、「良い人間になりたい」と答えるのが、なんとも印象的、感動的であった。


Yahoo映画


テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ルーザーズ」(2010) | HOME | 映画「ブリット」(1968)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |