FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「デッド・インパクト 処刑捜査」(2008)

原題:DEADLY IMPACT


お気に入り度
☆☆☆


普通に楽しめた。まあまあな刑事ドラマ。
エンディングですっきりなタイプ。




連続爆弾犯人対刑事の話。

最初のシーンは、主役の刑事が犯人の隠れ家と思われるところに踏み込むところ。
地下室に行くと、主役の刑事の妻が痣と血だらけで柱に縛られ、犯人から電話がかかってくる。
妻の心臓のあたりに爆弾を止めるスイッチがあり、それを打ち抜かない限り、沢山の同僚ともども爆弾で吹き飛ばされるという設定。
電灯を消して、妻の心臓を打ち抜くはめになるが、そのショックで仕事を辞め、八年後にはメキシコの酒場に入り浸るようになる。
そこに、FBIの美人捜査官が来て、爆弾犯人の声を確認させる。
爆弾犯人をやっつけようとアメリカに戻る元刑事だが、犯人を取り逃がしてしまう。
FBIに雇われるようになり、最後には犯人を追い詰めるが、再び、今度は恋人になった美人捜査官とともに、犯人に捕まってしまう。
最後は爆弾の仕掛けられた隠れ家から、なんとか逃げ出し、犯人を逆に爆弾で吹き飛ばして、めでたしめでたし。

最後のシーンでは、犯人を道連れにするために、防弾チョッキに爆薬を仕掛けておいたのだが、運良く犯人が防弾チョッキを奪い、犯人だけ爆死し、自分と恋人は助かるという筋書き。


いわゆるB級刑事映画なのだけど、最後の仕掛けはすっきり勧善懲悪。悪役の犯人の憎々しさも充分に演出しての、このエンディングは、筋書きとしては、納得。


Yahoo映画



テーマ:刑事映画 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「セックス・アンド・ザ・シティ 2」(2010) | HOME | 映画「普通じゃない」(1997)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |