FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「リダクテッド/真実の価値」(2007)

原題:REDACTED


お気に入り度
☆☆


全然面白くないし、どこがいいのか、まるでわからない。

巨匠ブライアン・デ・パルマ監督の、イラク戦争を扱った映画。
もともとかなりお気に入りの監督だけに、私にとっては、ものすごく残念な内容だった。
パルマ監督も、やきが回ったか。それとも、同姓同名の別のパルマ監督か。


ハンディカメラを使う、わざとぶれるタイプの映像で、ドキュメンタリータッチ。

個人的には、わざとぶれる画像は、見ていてくらくらするので嫌い。

内容も、なんかへん。

イラク戦争で、二人のアメリカ兵が、イラク人の家庭に押し入り、15歳の少女をレイプし、家族ともども惨殺したという事件を題材に、ドキュメンタリータッチで、「本物らしく」(あくまでも「」付きの意味で)作った内容。ならず者のアメリカ兵や、その周囲の比較的まともなアメリカ兵や、レイプ現場を動画に取り、特ダネにして設けようとしているアメリカ兵を描いている。

で、ともかく、画像や「編集」については、本物っぽく作っているのだけど、所詮、本物のドキュメンタリーではなく、その紛い物だから、なんだかなという感じ。全編を通して、「所詮紛い物」という意識が働いてしまうので、見ていて全然気分が乗らない。

フランス人女性ジャーナリストが戦場の兵士たちにインタビューする場面が、頻出するのだけど、それも嘘っぽくて、紛い物感を増幅させている。

最後のあたり、レイプ事件を告発したアメリカ兵の帰国後の場面で、友だちとバーにいて、なんだか、レイプと殺人を阻止できなかったことで、「苦悩」してるような表情で、終わるのだけど、はっきり言って安っぽい。

これが、あの冴え渡ったパルマ監督の作品なのだろうか。

ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞とのことなのだけど、映画として、見ていてどこが感動的で、どこが面白く、何が良いのか、全くわからない。


redactは、編集するの意。


Yahoo映画



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「グリーン・ゾーン」(2010) | HOME | 映画「スターウォーズ/帝国の逆襲」(1980)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |