FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ローズ家の戦争」(1989)

原題:THE WAR OF THE ROSES


お気に入り度
☆☆☆


壮絶な離婚争議を扱った、有名な映画。

たぶん、十数年ぶりぐらいにテレビで見た。


キャスリーン・ターナー、マイケル・ダグラス主演。
ダニー・デヴィート出演・監督。


いつも思うのだけど、マイケル・ダグラスは、いわゆる情けない男を、ときどき演じているが、見ていて情けない気分になる。わざわざ、そういうふうに演じているのだから、良い俳優なんだろうけど。

どう情けないかというと、マッチョを志向している男性なのに、あほらしく、よわっちく、女性にいじめられるという。

キャスリーン・ターナーは、いいんだけど、元体操選手を演じるには、ちょっと太すぎませんかね?

この映画、映画史に残る作品であることには違いないけど、扱ってるものが離婚なんで、やはり見ていて痛々しい。

ダニー・デヴィート流のブラック・ユーモア。


Yahoo映画




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「永遠に美しく」(1992) | HOME | 映画「あの日の指輪を待つきみへ」(2007)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |