FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「フライトプラン」(2005)

原題:FLIGHTPLAN



ジョディー・フォスターが、母は強しを演じるフライト・サスペンス。


字幕でだいぶ前に見て、最近テレビの吹き替え版で見た。


旅客機を設計した女性エンジニアのカイルは、亡くなった夫の棺と、6歳の娘と、ベルリン発ニューヨーク行きの便に乗る。それは自分が設計した旅客機だった。居眠りして眼を覚ますと、娘は姿を消し、機内を探すカイルだが、誰に聞いても知らないという。ついには乗客名簿にも記録がないとか、娘の死亡記録があるという知らせも受ける。取り乱し、拘束されてしまうカイルだが・・・。


以下、ネタばれ。


窓に息を吹きかけると、出発直後に娘が何気なく書いたハートのマークが浮かび上がる。娘が搭乗していたことを確信するカイルだが、実はすべての犯人だった航空保安官のカーソンの術中にはまり、ハイジャック犯に仕立て上げられてしまう。緊急着陸した旅客機から、乗客はすべて降り、乗務員も降りるときに、カーソンの悪巧みに気づき、まさに降りようとするカーソンを引き止める。カイルは、乗客と乗務員が降りた機内で、カーソンと共犯のスチワーデスと対決する。カイルは娘を探し出すことに成功し、最後はカーソンの仕掛けた爆弾を爆発させてカーソンを殺し、自分と娘は何か固い格納庫のようなところに隠れて助かる。

娘を探し出したことで、無実の罪も晴れ、カイルに謝罪する機長。共犯のスチワーデスも逮捕され、めでたしめでたしとなる。


ちょっと物足りないのと、そんな手の込んだことしないと、犯人の目的が達成されないのかという疑問が残る。しかし、ジョディー・フォスターの演技は鬼気迫るものがあり、さすが。



allcinema




テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画

☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「エリン・ブロコビッチ」(2000) | HOME | 映画「トゥルー・クライム」(1999)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |