FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「インクレディブル・ハルク」(2008)

原題:THE INCREDIBLE HULK


お気に入り度
☆☆


昔、テレビで見た「超人ハルク」の映画での現代化リメイク。

格闘シーンが迫力あるし、超人ぶりは見てて面白いのだけど、何しろリアリティがどうしてもゼロな話なので、常に『あるわけないよなー』というのが頭にあり、楽しみきれない。

機関銃の銃弾を跳ね返したり、変身したら重たくなったり、どうせリアリティはゼロなのだから、セックスすると心拍数が上がって危険だから、セックスできないとか、ばかげたリアリティをくっつけても意味がないと思う。しかも、どんなに超人でも、人が見てる中で、逃げ切れるわけないと思う。


エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート出演。

エドワード・ノートンは、「レッド・ドラゴン」で、レイフ・ファインズ演じる殺人鬼と対決する元FBI捜査官を演じた人。

リヴ・タイラーは、馬を美人にしたらこんなふうになるかなという感じの、馬面な、ちょっとお嬢様っぽい女優。コマーシャルか何かにも出てたか?

有名な俳優もそろえて、特撮も駆使して、すごいお金かけて製作したのだろうと思うのだけど、そもそもが、あまりにも有り得ない設定なのが残念。


Yahoo映画



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「クラーケンフィールド/HAKAISHA」(2006) | HOME | 映画「最後に恋に勝つルール」(2005)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |