FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「写楽」(1995)

邦画


お気に入り度
☆☆


間延びした展開と、不自然な演技。

台詞の読み方も、不自然なイントネーション。学芸会っぽい棒読みだったり、何度も読みすぎて滑らかになりすぎてる感じで、リアリティが欠ける。真田広之とフランキー堺の演技はまあ良いが、葉月里緒菜は無表情に澄ましてるだけで、何の演技もしていないし、佐野史郎も下手くそな舞台演劇みたいだし、ほんと日本の映画界、演劇界はだめだめだと再確認するのみの作品だった。

ストーリーも実在の人物が出てきているのに、かなり思い切った独断的な仮説の映像化で、それも疑問。フィクションなフィクションに徹するべきだし。歴史上の事件も織り交ぜているけど、説明っぽくなっていて、それもいまいち。


Yahoo映画


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「イル・ポスティーノ」(1994) | HOME | 映画「夕暮れのとき」(1957)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |