FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ウォーターホース」(2007)

原題:THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP


お気に入り度
☆☆++


ETのネス湖のネッシー版。

第二次世界大戦中のスコットランド。少年が湖畔で卵を見つけ、孵化させると恐竜だった。恐竜が大きくなるので、湖に逃がしたところ、敵の潜水艦と間違えたイギリス軍が砲撃を加え…てな話。

単純といえば単純。

老人を語り部として、現代の観光客に話すのだが、その老人こそ、当の少年だったというパターン。恐竜危機一髪の場面で、話を聞く観光客に画面が移り…など、ありがちな手法。「海の上のピアニスト」でもそうだったか…。最後に、現代の少年がまた卵を見つけるところで終わるなどというのも、同様に使い古された演出。「エイリアン」みたい。

話にミステリアスなところがなくて、謎解きの楽しみがなかったり、ネッシーが捕獲されたという話がないことが周知なこともあり、あまりはらはらしない。作り物のネッシーがあまりリアルではないのも興をそぐ一因と思う。ETも別にリアルではなかったけど。私は別にETが巷で評価されているほど良い映画とは思っていないので、そのネッシー版ならなおさらかも。

とはいえ、細かい演技が出来ていたり、砲撃の場面がリアルだったり、アメリカ映画の底力は現れている。


Yahoo映画



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「夕暮れのとき」(1957) | HOME | 映画「パルプ・フィクション」(1994)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |