FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「アイ・アム・レジェンド」(2007)

原題:I AM LEGEND


お気に入り度
☆☆☆++


結構見ごたえはあった。
ありがちな話のつくりで、「映画史に残るような名作」とはいえないけど、まあまあ楽しめた。

リチャード・マシスン原作の「地球最後の男」はこの映画を含め3回ほど映画化されているようだ。

ウィル・スミス主演。監督はフランシス・ローレンス。アリシー・ブラガが共演。

致死率90%のウィルスで人類の大部分が死に、残りの感染者は暗がりにしか生きれない獣のような生き物になってしまう。閉鎖されたニューヨークに生き残る一人の研究者がウィルスに対抗するワクチンを作ろうとするが…。


ゾンビみたいになった生き残った感染者がかなり不気味。
あんなになっても、何年間も生き残っているというのは、疑問。
共食いでもしてるのだろうか?

ゾンビみたいなのやエイリアンが襲ってくるのはもうパターン化してるかんじ。
「無数の怪物は悪」というだけでは、単純すぎる感は否めない。

そのことも含め、ストーリーや演出など、あまり深みがあるとはいえない。

見始めて最初に気になるのは、水や電気はどうやって手に入れているかとうこと。
ガソリンはありそうだから、発電機で発電しているのか。
水はどうしているのか、疑問ではあるが、科学者だから、川の水を自分でろ過しているのか。
このあたりのディーテールを克明に描けば、もっとリアルになったのにと思う。


ラストシーンの後、ストーリーでは世界は救われていくということなのだろうけど、
どういうふうに救われていくのか、それとも救われないのか、考えてしまった。


Yahoo映画
allcinema



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「レイダース/失われたアーク 《聖櫃(せいひつ)》」(1981) | HOME | 映画「ヒトラーの贋札」(2007)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |