FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「新幹線大爆破」(1976)

邦画


お気に入り度
☆☆☆


新幹線に爆弾を仕掛けたという脅迫を想定したパニック映画。

もう引退してしまった0系新幹線(日記)の姿をたっぷり見ることができる。

爆弾の起爆装置を止めて列車が停車した後に、爆弾処理班が爆弾を処理する間に、乗客や乗務員が列車を後にしないのが、リアリティがないと思った。製作者にある程度の知性があれば、おかしいと分かると思うのだけど。

エンディングのへんな歌謡曲みたいな音楽は、なんだか陳腐なのが残念。

とはいえ、それなりに見ごたえはあった。

機関車が爆発する特撮は、リアルに見えた。

新幹線のほうの爆発シーンは、あまりリアルではなかった。
新幹線を使ったすれ違いシーンや、平行進行シーンは、リアルで、国鉄全面協力なのかと思うぐらいだった。

昭和のデカダンスみたいな雰囲気もなかなか良かった。


Wikipediaの解説がやたら詳しい。たぶんマニアがいるのだろう。


Yahoo映画
allcinema




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」(2008) | HOME | 映画「40cmの童貞男」(2006)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |