FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ザッツ・エンタテイメント」(1974)

原題:THAT'S ENTERTAINMENT!


お気に入り度
☆☆☆☆+

かなり楽しめた。



アメリカの映画会社MGM(Metro-Goldwyn-Mayer)のミュージカル映画の変遷を追った一種の記録映画。その中で、フレッド・アステアやフランク・シナトラ、その他多数の伝説的な俳優が歌い、踊る。


やっぱり、歌とかダンスに関しては、アメリカにはかなわんとおもった。
(少なくとも西洋風の歌とかダンスについては。)

武富士ガールズもCMではがんばったけど、やっぱり手足の長さが違いすぎる。
運動能力の違いも明らか。

最近はいかにもアメリカかぶれみたいな集団ダンサーがテレビに出てるのを見たけど、
ぜんぜん良いと思わなかった。
この1970年代の映画と比べても、実力差はアメリカの大リーグと日本の高校野球の違いぐらいある。
残念だけど、とてもかなわん。

フレッド・アステア、ビング・クロスビー、ジーン・ケリー・・・。
彼らは伝説です。

この映画、当時から話題作だったのだけど、なんとなく退屈そうに思え、ずっと見ていなかった。
見てみたら、面白かった。

☆5に及ばないのは、やはりつぎはぎして並べただけの記録映画という趣のため。
映画としてのお気に入り度としては、☆4+ぐらいでした。


allcinema
Yahoo映画
goo映画
Wikipedia


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ザッツ・エンターテインメント PART2」(1976) | HOME | 映画「世紀の謎・空飛ぶ円盤地球を襲撃す」(1956)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |