FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「オール・ザット・ジャズ」(1979)

原題:ALL THAT JAZZ


お気に入り度
☆+


ボブ・フォッシー監督、ロイ・シャイダー主演。ジェシカ・ラング他。

1979年の話題作。


だけど、なんだかなー。軽い華やかっぽいミュージカルの音楽と、変なダンスが好きな人向けで、私の好みではなかった。正直、どこがいいのかまるで理解できない超退屈作品だった。


ダンスもallcinemaの解説とかには素晴らしいと書いてあるのだけど、かなり下手だったと思う。
切れもないし、決まるべきところで、ぐらついてるし。何より、振り付けそのものが、奇妙な動きと悪趣味な衣装を組み合わせてるだけで、ちっとも、良いと思わない。もちろん好みによるけど、相対的に見ても、アメリカ映画のミュージカルで、こんなに良くなかったのは珍しい。


で、ストーリーも、主役の人が病気になって、亡くなっちゃうということで、実は暗いし、希薄だし、どこが面白いのか、感動的なのかよくわからない。123分は長すぎた。


これがパルムドールとは、あの賞の権威はその程度なのかという感想をもつだけ。

アカデミー9賞ノミネート、うち音楽、美術など4賞受賞なのは、よほど不作の年だったのか、裏で金が飛び回ってたのかと思うぐらい。外国人の好みだから、違うのかなとも思う。

ロイ・シャイダーの演技が良いといえば、そうなのだと思うけど、ストーリーや演出がまるでわけわからん映画の中で、ものすごく頑張ってても、映画そのものが面白くはならない。


allcinema
Yahoo映画



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「山羊座のもとに」(1949) | HOME | 映画「ミラグロ/奇跡の地」(1988)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |