FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ゴースト&ダークネス」(1996)

原題:THE GHOST AND THE DARKNESS


お気に入り度
☆☆☆☆


見ようと思ってもう十年以上も、後回しにし続けてきた映画だけど、思いのほか面白かった!

スティーブン・ホプキンス監督、ヴァル・キルマー、マイケル・ダグラス主演。


1898年のアフリカ、フランスやドイツに対抗すべく、鉄道を敷設し拡張するイギリスは、その奥地のツァヴォ川に橋をかけるべく、腕利きの架橋技師パターソン大佐を送り込む。順調に見えた工事だが、二頭の人喰いライオンの出現によって阻まれる。犠牲者が増えるに従って、工夫たちの士気は下がり、工事は遅れる。二頭のライオンはゴーストとダークネスと呼ばれ恐れられ、犠牲者が40名を越えたところで、腕利きのハンター、レミントンが駆けつける。パターソンとレミントン、そしてアフリカ人工夫をまとめる現場監督サミュエルは人喰いライオンに立ち向かう。

映画の中では、この話は実話であり、イリノイ州シカゴの博物館(The Field Museum)でゴーストとダークネスを見ることができると説明されている。


allcinema
Yahoo映画


allcinemaの映画解説は文章が稚拙なことがある。
Yahoo映画のは、殆ど同じだけど、稚拙な部分を編集して削除してある。


allcinemaでは…

 19世紀末、東アフリカ。そこではイギリスが象牙貿易のため、鉄道整備に力を入れていた。橋を架けるため現地に呼ばれたパターソン中佐は、工事を邪魔する二頭の獣の存在を知る。その名は“ゴースト”と“ダークネス”、130名を越える人命を奪った、恐るべき人喰いライオンだった……。実話をもとに、二人のハンターと獣との凄まじい闘いを描いた作品。監督は「ブローン・アウェイ/復讐の序曲」のヒットから久々にメガホンを取ったS・ホプキンス。どうやらこの御仁は渋めの題材を好む人らしい。V・キルマーやM・ダグラスといった売れ線の役者を起用していても、根底にあるのは昔よくあった猛獣映画、あるいは秘境映画への復活だ。


それをもとにしているYahoo映画では…

 19世紀末、東アフリカ。そこではイギリスが象牙貿易のため、鉄道整備に力を入れていた。橋を架けるため現地に呼ばれたパターソン中佐は、工事を邪魔する二頭の獣の存在を知る。その名は“ゴースト”と“ダークネス”、130名を越える人命を奪った、恐るべき人喰いライオンだった……。実話をもとに、二人のハンターと獣との凄まじい闘いを描いた作品。監督は「ブローン・アウェイ/復讐の序曲」S・ホプキンス。


削除されているのは、
どうやらこの御仁は渋めの題材を好む人らしい。V・キルマーやM・ダグラスといった売れ線の役者を起用していても、根底にあるのは昔よくあった猛獣映画、あるいは秘境映画への復活だ。
の部分。

主観的、独断的な内容だからYahoo映画で使われるときに、削除されたのでしょうね。しかも、「監督」と書けば済むところを、わざわざ「御仁」という言葉を使うのは、無理に背伸びしてるように見え、いかにも、素人くさい。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「デイ・アフター・トゥモロー」(2004) | HOME | 映画「ガタカ」(1997)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |