FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ガタカ」(1997)

原題:GATTACA


お気に入り度
☆☆☆☆☆


かなり良かった!

独特のシュールで美しい雰囲気の映画。


アンドリュー・ホーク監督、イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、アラン・アーキン、ジュード・ロウ出演。

遺伝子の解析によって、生まれたときから、あらゆる確率が割り出され、それが新たな差別を生み出した近未来。「不適合者」のヴィンセントは、「適合者」ジェロームとの取引きによって、身分を偽り、宇宙開発の機構ガタカに採用される。

差別や人間の可能性という問題を、近未来での遺伝子差別という設定をすることによって、人種差別、障害者差別などの特定の問題ではなく、一般的な問題としてその本質を抽出して提示してみせている。

物語の展開も、綱渡り的な主人公の遺伝子偽装に、けっこうハラハラドキドキするし、ヒロインのユア・サーマンも美しい。
ほろっとさせる場面や、ロマンティックな場面もあるし、なんといっても、全編を通じての近未来の描写がシュールっぽい中にも美しく、その雰囲気がすばらしい。

監督のアンドリュー・ニコルは、この映画の後、「トゥルーマン・ショー」の製作脚本、「シモーヌ」の監督製作脚本、「ターミナル」の製作総指揮と原案、「ロード・オブ・ウォー」の監督製作脚本を手がけている。「トゥルーマン・ショー」では脚本でアカデミー賞ノミネート。

本作品のアカデミー賞は1997年美術賞ノミネートのみ。


allcinema
Yahoo映画


レンタル屋さんにDVDがなく、100円で中古のVHSを購入して観た。
これは掘り出し物の名画だと思った。








テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆☆☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ゴースト&ダークネス」(1996) | HOME | 映画「愛と哀しみの果て」(1985)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |