FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「恐喝(ゆすり)」(1929)

原題:BLACKMAIL


ヒッチコック監督イギリス時代、トーキー初期の白黒の心理サスペンス。

1929年と非常に古く、博物館行きといった趣だが、やはりさすがヒッチコックと思わせる、キラリと光るところがある。

お気に入り度
☆☆☆++


ストーリーは単純。ちょっとした浮気心から、人を殺してしまったヒロインが恐喝されるという話。そして解決は単純で、現代の視点からはあまりにあっけなく、現代なら30分ぐらいの小品になりそうな内容。まさしく後のテレビ番組「ヒッチコック劇場」にちょうどよいぐらい。この映画は82分。したがってテンポは非常に緩やか。演技も演出もやはり時代を感じさせる。

しかしながら、ところどころの細かい仕掛けがやはりヒッチコック一流であり、駄作ではない。

ヒッチコック作品らしく、ヒロイン(アニー・オンドラ)は魅力的。


allcinema




テーマ:サスペンス - ジャンル:映画

☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「三十九夜」(1935) | HOME | 映画「舞台恐怖症」(1950)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |