FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

ザ・ラスト・サムライ…ザ・ワースト・フィルム…ネタばれあり

期待通りの駄作でした~(^^;)

「駄作」というよりは。。「超駄作」というほうが適切かと。。
怒りというよりは、笑うしかないような陳腐な映画。

刀を持っての立ち回りだけは、なかなかよかったけど、それ以外は全然だめ。
よくあんなお金と手間かけて大がかりな駄作をつくるなぁ~って驚くべき作品です。
ここ十年間で見た映画の中では最低でした。
ちなみにそれまでの最低は「パールハーバー」だったけど、その記録を塗り替えました。

しかしよくこの脚本でトム・クルーズが出る気になったな~。
あの映画のせいでくびになったのかな。

そもそも、ストーリーからして、ありえないし、意味が不明。陳腐。
勝元って何者?
なんで戦ってるのかも意味がわからん。
あんなもん武士道でも忠義でも侍でもなんでもない。
しかも無数の弾丸が全部主役級を避けて、端役から順番に死んでいくし。
もちろん、そういうことってお約束なんだけど、物事には程度っていうものがある。
あまりにも極端。
官軍のほうは民間人がなぜか軍隊の指揮をとっているし。
いくら友情が芽生えたからって、トム・クルーズと勝元が一緒に戦う意味も不明。
しかも、なぜかトム・クルーズだけ生き残るし。
その他全員死んだのに(爆)

頻繁に日本のこと「理解できない国」っていせりふが出てくるんですが、確かに映画の製作者や原作者は理解してないようだなぁ~。

戦場がどうみても、どっかのゴルフ場みたいなところだし、日本とは植生が違う。大草原の小さな家のテーマが流れてきそう。あるいは羊さんが群れなしてそう。別の場面ではパームツリーが生えてるし(苦笑)

渡辺謙と真田広之が日本のことがへんに描かれないように努力したという話だけど、それがわかったのは、立ち回りのところだけ。

ちなみに、私は映画に関しては目一杯肝要。
そうとうにカルトな作品でも大好きだし、最近批判の多いトム・クルーズさえも好きなんですが、この作品に関しては、苦笑するしかなかった。






映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「MASTER AND COMMANDER」 | HOME | ザ・ラスト・サムライ…ザ・ワースト・フィルム…ネタばれあり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |