FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ロビンとマリアン」(1976)

20年の時を経て再会したロビン・フッドと、マリアン。

この映画のテーマとか、楽しみどころはどこなのかな?と思う。

西洋チャンバラや時代考証の面白さか。。

「加齢」をテーマにしているのか。

なんで「ロビン・フッド」を持ち出さないといけないのかわからん。



お気に入り度は

☆☆

です。



オードリー・ヘプバーンの場合は、なぜか年老いた姿が痛々しい。
多分、演技や顔のつくりが、年寄りの役に似合わないのだと思う。
この映画のときには47才だけど、それ相応か、それよりもふけて見えた。

最近のハリウッドの女優さんは、40~50才ぐらいでも若く見える。
デミー・ムーアを除いて。
美容のテクニックが進歩したせいか、プラスチックサージャンのためか。






映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「エレクトラ」(2005) | HOME | 映画「王になろうとした男」(1975)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |