FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ドミノ」(2005)

めまぐるしい映像の切り替えと動きで、見ていて気分が悪くなりました。
こんなしょうもない無意味なかっこつけの演出の映画は、珍しい。

監督のトニー・スコットは、名匠リドリー・スコットの弟ということで、「トップガン」「エネミー・オブ・アメリカ」「クリムゾン・タイド」「スパイ・ゲーム」など、素晴らしい出来とはいえないけど、なんとか見ていられる作品を作ってきた監督ですが、この映画「ドミノ」に関しては、その水準にすら達していない。

 必要以上の激しい画面の切り替え。
 必要以上の画面のアングルのゆらがし。
 早回し、スロー、ストップモーション、逆回しの多用。

などなど、あげればきりがない。

その他にも、鼻血を出したまま尋問を受けていることや、いかにもステレオタイプな賞金稼ぎのコスチュームや振る舞いなど、描写が浅く表面的。


せっかく良い俳優使ってるのに、それを全て帳消しにしている。



お気に入り度

-なし-

です。







テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「チャイナ・シンドローム」(1979) | HOME | 映画「さらばキューバ」(1976)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |