FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「ウルトラヴァイオレット」(2006)

戦闘物・超人物・近未来物のジャパニメーションの実写化。
アニメ・CGがふんだんに取り入れられている。

ともかく、ヒロインのヴァイオレットが敵をなぎ倒していくというのがメイン。

ヴァイオレットは「バイオハザード」「ジャンヌダルク」「フィフス・エレメント」のミラ・ジョヴォヴィッチ。



「バトル」の映像のスピード感は面白かったので、全体のプロットのとってつけた感とCGのばればれ度を相殺して、

お気に入り度は

☆☆++

です。


しかし、どんなに撃たれても、どんなに沢山の敵を相手にしても、無事なヒロイン。
まるでシューティングゲームの中で敵を倒していくよう。
超人ぶりはちょっと度が過ぎていると思う。
敵の弾は無数に飛んでくるが一発も当たらないし、仮面ライダーで言うショッカーたちが弱すぎる。
そして、親玉はなぜかまあまあ強いが…。


プロットは、ちょっととって付けたようなところがある。
ともかく、敵をなぎ倒していくバトルにもっていくために無理に考えたかのよう。

最近の近未来物に多いのだけど、「空想の世界」があまりに唐突に始まりすぎる。
世界の構築がちょっと浅い。
わかりづらい造語をちらばめながら、観ているとわかるように出来ているのだけど、そういう手法は、悪い意味でオタクっぽく、それが趣味でないと雰囲気に乗り切れない。

最後のオチの一言は、権力者が云々とか言っていたけど、なんだか陳腐で、むしろ映画を台無しにした感じはある。






映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画「ユニバーサル・ソルジャー/ザ・リターン」(1999) | HOME | 映画「カサノバ」(2005)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |