月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「ローズ家の戦争」(1989)

原題:THE WAR OF THE ROSES


お気に入り度
☆☆☆


壮絶な離婚争議を扱った、有名な映画。

たぶん、十数年ぶりぐらいにテレビで見た。


キャスリーン・ターナー、マイケル・ダグラス主演。
ダニー・デヴィート出演・監督。


いつも思うのだけど、マイケル・ダグラスは、いわゆる情けない男を、ときどき演じているが、見ていて情けない気分になる。わざわざ、そういうふうに演じているのだから、良い俳優なんだろうけど。

どう情けないかというと、マッチョを志向している男性なのに、あほらしく、よわっちく、女性にいじめられるという。

キャスリーン・ターナーは、いいんだけど、元体操選手を演じるには、ちょっと太すぎませんかね?

この映画、映画史に残る作品であることには違いないけど、扱ってるものが離婚なんで、やはり見ていて痛々しい。

ダニー・デヴィート流のブラック・ユーモア。


Yahoo映画



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「あの日の指輪を待つきみへ」(2007)

原題:CLOSING THE RING


お気に入り度
☆☆☆+


シャーリー・マクレーン主演。
リチャード・アッテンボロー監督。

以下、ネタばれ。


夫を失った老女が、50年前に戦死した恋人のことを思い出して、憂鬱な場面が長く続き、最終的には、その恋人が亡くなる間際に彼女に残した言葉"Make her own choice"(字幕:自由に生きろ)に触れて、やっと気分が晴れ晴れして、自由な気分になったというお話。

50年間も、その恋人が自分が戦死したときに代わりになれと言い残した友人と結婚生活を送り、娘までいた。その結婚生活の中で、戦死した恋人のことを始終忘れずにいた。娘もあんまり愛してなかった、という状況設定。

しかし、そんなことあるんだろうかと、なんだか腑に落ちないし、主人公に共感も覚えないし、ともかく長い映画の大部分が、いくら昔美人だったシャーリー・マクレーンとはいい、老女の憂鬱な姿の描写に費やされるのが、見ていて、つまらない。

で、その恋人の親友は二人いたが、夫となったひとりは亡くなり、もう一人の老紳士と、主人公の老女が最後は、なんだかいい感じになってエンディングということなんだけど。。。

いや、そんなやついるか?片思いで、50年間も女性を思っていて、その女性が、老女になってもってのは。それに、女々しくて見てらんない。

そして、全体に、本筋と全然関係のない、アイルランドのテロや、IRAの活動なんかを織り交ぜてるのだけど、そうする必要があるのだろうか?この話の本筋に。焦点がぼける感じもするけど。

つまり、その恋人はアイルランドのベルファストの空軍基地の飛行機事故で戦死したという設定なのだけど、それで死に際の言葉を聞き、指輪を託されたアイルランド人が、当時少年だったわけなのだけど、指輪を託されたときに、飛行機が爆発して指輪を受け取れなかったのを、50年間も、それを気にやんでて、指輪を探していたのだけど、それも腑に落ちない。そんなに気に病むのであれば、名前は聞いてるのだから、探せたし、50年間も探し続けるのは、長すぎで現実味がない。

あと、老女になったシャーリー・マクレーンと、若いころのヒロインと、まるで別人ってのは、どうなんですかね。もう少し、似た傾向の顔の女優を選んだほうが良くはないですかね。


とはいうものの、まあまあ、いろんな謎が解けていくところとか、面白い部分もあったから、まあトータルでは、お気に入り度☆3ぐらいとしておこう。


Yahoo映画




映画「あの日の指輪を待つきみへ」(2007)…の続きを読む

テーマ:恋愛映画・ロマンティックコメディ - ジャンル:映画

☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「今日も僕は殺される」(2007)

原題: THE DEATHS OF IAN STONE


お気に入り度
☆☆++


なんだか、見ていて疲れる。

大したストーリーでもないのに、展開を小出しにするから。
どちらかというと、ホラーのSFXが中心といったかんじ。

一人の青年が、何回も死と蘇生を繰り返すという話。
殺されると、次の瞬間、全く新しい別の日常生活を始めている。

ストーリーもなんだか腑に落ちないところがある。
なぞをかけるのだけど、その答えが陳腐だし、ありがちだし、腑に落ちない。

この映画の悪役は、なんだかわからない幽霊みたいな何かなのだけど(それも結局何なのかは明らかにならない)、少年も実はその仲間だったのが裏切って・・・みたいなことになっているらしいことはわかったが、具体的にどういうことなのかは不明。つまり裏切ったわけや、裏切った者がなぜもてあそばれるような立場になったのかとか。

どうやら、この映画の「幽霊みたいな何か」は、恐怖を食べて生きてる「モノ」たちで、その中でもとくに、殺される瞬間の恐怖が麻薬みたいなもので、その快楽に目覚めたモノが、とくに悪役一味で、主人公の「敵」ということになっているらしい。そして、主人公が繰り返し殺されるのは、そのためらしいのだけど、悪役たちから見て殺せる人間は無数にいるのだから、そんな手の込んだことしなくても、別にいいんじゃないか?という謎は解けない。なんだか、殺しの場面を繰り返すための、とってつけたような理由に見える。

最後のほうでは、少年は自分が幽霊たちみたいな力があることを思い出し、悪役を刺して、元の人生?に戻る?というわけなのだけど、あれ?幽霊みたない少年が元の人生?それも作り物だったの?ちがうの?みたいに、ともかく謎は未解決のまま。

殺しや恐怖の場面を描くのがメインなかんじ。

悪役一味の中心人物?格の女性は、イギリスの詐欺師の海外ドラマの詐欺師一味の紅一点の女優だった。美人風の役柄で出てくる女優だけど、よく見ると馬面だし、下唇が厚いし、少ししゃくれてるし、あんまり好みではない。それに映画でも、あの詐欺師のドラマを思い出すから、なんだか違和感があった。

金髪のヒロインのほうは、クリスティーナ・コールという女優だが、わりときれいかった。


Yahoo映画



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」(2007)

原題:HOT FUZZ


お気に入り度
☆☆☆☆++


かなり面白かった。

ポリスアクション満載のイングリッシュ・コメディ。

ユーモアとアクションと、両方楽しめる。

ティモシー・ダルトンも悪役で出演。


以下、ネタばれ。

優秀すぎる警察官が、上司がダメに見えるからという理由で、田舎の警察に転任させられる。

一見平和な村だが、事故にみせかけた連続殺人が発生する。警察官は連続殺人を主張するが、誰も信じてくれない。しまいには、警察官本人も命を狙われるが、刺客を始末してから、主犯のところに殴りこみをかけるも、そこには多数の犯人グループが。町の有力者たちが、実は邪魔者を消す異常な秘密結社を作っていたのだ。なんと、警察署長までもがその一味だった。

最後には警察署長の息子のダメ警官のパートナーの協力も得て、一味を一網打尽にする。



Yahoo映画





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「プロポジション -血の誓約-」(2005)

原題:THE PROPOSITION


お気に入り度
☆☆☆


まあまあ、普通に面白かった。

イギリスが支配する開拓時代のオーストラリアを舞台にした、残虐系の西部劇。番組説明にはオージーウェスタンと書かれていた。昔、イタリア製のマカロニウェスタンというのがあり、やはり残虐系だったけど、似たような方向といえば、そうかも。


警察を担当しているイギリス軍に逮捕された男は、隊長から、弟の死刑を免れるためには、兄を殺すこと要求される。三兄弟は一家惨殺、とくに身ごもった女性を強姦殺害した罪に問われている。男は兄か弟かのいずれかを選ぶことを迫られるが、葛藤しつつも、兄の潜伏する荒野へ向かう。

以下、ネタばれ。

アボリジニの投げ矢をうけ瀕死の重傷を負う男だが、潜伏する兄と一味に救われる。回復に向かう男だが、そうこうしているうちに、弟は正義を求める人々の声に押されて、死刑になる前に鞭打ち100回の刑を受ける。それでは死んでしまうというイギリス軍の隊長だが、厳罰を求める検事や人々の力には及ばなかった。隊長は一味からの復習を恐れるが、最後にはそれが現実のものとなり、襲撃を受けてしまう。ぼこぼこにされ、妻も強姦されかかる(された?)が、殺される前に、主役の男が現れて、今度は兄を打ち、隊長夫婦は救われる。最後は、死に掛かった兄と、男が沈み行く夕日を見ながら、多分兄は死んでいくという場面で終わり。

隊長の妻のエミリー・ワトソンは、貧相で、あまり好みでない。


Yahoo映画










テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。