月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」(2003)

原題:THE FOG OF WAR: ELEVEN LESSONS FROM THE LIFE OF ROBERT S. MCNAMARA


お気に入り度
☆☆☆☆++


ドキュメンタリーの秀作。かなり面白かった。

ロバート・マクナマラ元米国防長官のインタビューを軸に、11のエピソードと「教訓」をつづっていく。

キューバ危機のとき人類がどれほど核戦争に近かったか、ベトナムの戦争はどのようにして起き、どのようにしてアメリカは泥沼にはまり込んだのかなど、ロバート・マクナマラという、権力の中枢にいた人物の目撃談、回想録なので、事実の重みがあります。

太平洋戦争のときの日本への戦略爆撃に関わっていたときの話もありました。

しかし、この邦題、なんでカタカナで「フォッグ・オブ・ウォー」なのか。「戦争の霧」でぴったりくるのに。
私なら原題の直訳、「戦争の霧/ロバート・マクナマラの人生からの11の教訓」、もしくは、「戦争の霧/11の教訓」とするけど。

以下、日本語訳は字幕からとったものです。

Lesson #1: Empathize with your enemy.
教訓1:敵に感情移入せよ

Lesson #2: Rationality will not save us.
教訓2:理性は頼りにならない

Lesson #3: There's something beyond one's self.
教訓3:自己を超える何かがある

Lesson #4: Maximize efficiency.
教訓4:効率を最大限に高めよ

Lesson #5: Proportionality should be a guideline in war.
教訓5:戦争にもバランスが必要だ

Lesson #6: Get the data.
教訓6:データを集めよ

Lesson #7: Belief and seeing are both often wrong.
教訓7:信条や見聞にはしばしば間違いが

正しくは、「信じているものと見たもの、その両方ともしばしば間違う」だと思う。
見ずに思い込みで信じているもの、実際に見たもの、これを対比させていて、どちらにも間違いがあるということだと思うので、「信条や見聞」では、意味が変わってしまう。

Lesson #8: Be prepared to reexamining your reasoning.
教訓8:論拠を再検証せよ

Lesson #9: In order to do good, you may have to engage in evil.
教訓9:善をなさんとして悪をなすことも

Lesson #10: Never say never.
教訓10:決してとは決して言うな

泥沼化するベトナム戦争の責任を問われていた当時のマクナマラが学んだこと
(1) Never say never
(2) Don't answer the question that is asked of you.
Answer the question that you wish have been asked of you.(文法的に?だがそう聞こえた)
  尋ねられた質問には答えるな。
  尋ねてほしいと思っていた質問に答えよ。

Lesson #11: You can't change human nature.
教訓11:人間の本質は変えられない



allcinema



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「エリン・ブロコビッチ」(2000)

原題:ERIN BROCKOVICH


お気に入り度
☆☆☆+


なかなか面白かった。

勧善懲悪。悪者は犯罪的公害垂れ流し大企業。正義の味方は三児の母のシングルマザー、学歴なし、やる気満々。
分かりやすい構図で、最後はめでたしめでたし。かつ、ビッグマネーも手に入って幸せ。

しかし、なんとなくお気に入り度伸びないのは、これ実話ということで、公害垂れ流しのせいで病気になったり、亡くなった人が実際にいたのだと思うと、多額の賠償金とれても、ハッピーな気分にはなりきれないのが一つ。

もう一つは主演のジュリア・ロバーツが、なんだか日本嫌いという噂だし、役柄でなくて実物が、生意気っぽいのがどうも。

あと、なんだろう、後から助っ人で加わった敏腕弁護士とその助手に、結局馴染めない主役の女性って、共感できない。敏腕弁護士とその助手もがんばってるし、別に何も悪いことなにもしてないのに、キーキーわめいて食って掛かり、打ち解けず、失礼なことばっかり言ってる主役の女性が、なぜか良い者として扱われてるのは、腑に落ちない。

この辺は、脚本がどうかということもあるけど、ジュリア・ロバーツの高飛車なパーソナリティとダブって、どうも悦び切れないんだと思う。


それから、実話だからということもあるけど、最初のあたりはとくに、展開が鈍くて、あまり面白くはない。後半もたいしてドラマティックというわけでもない。面白い仕掛けもない。


ジュリア・ロバーツはこれでアカデミー賞をとったらしいが、あんまり好きな女優ではない。プリティ・ウーマンのときには可愛いかんじもしたが、その後の作品ではどれも、眼が死んでるし、底意地が悪そうに感じられてしまう。演技も別に大したことはない。キーキー感情的になる演技がワンパターン。あれは地が出てるだけではないだろうか。



Yahoo映画





テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。