FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「俺たちダンクシューター」(2008)

原題:SEMI-PRO


お気に入り度
☆☆☆++


おばかな笑いにあふれた作品。なかなか面白かった。

2008年の作品なのに、1970年代のノリをパロディーにしていて、ノスタルジックかつ諧謔的でわらえた。

ウィル・フェレル、ウディ・ハレルソンら出演。

ERのアビーこと、モーラ・ティアニーが出演していた。
どうしても、アビーに見えてしまう。


ときは1970年代。プロバスケリーグABAのチーム「トロピックス」は万年最下位の弱小チームだった。そんなとき、ABAはまともなプロバスケリーグNBAに吸収されることになる。トロピックスのオーナー兼監督兼選手のジャッキーは、大喜びしたのもつかの間、実は吸収されるのは4チームのみで、そのほかのチームは補償金をもらいつつ解散するという条件があることを知らされる。猛反対のジャッキーは、最後のシーズンの上位4チームに入れば解散を免れNBAに入ることができるという条件を、オーナー会議で認めさせる。ジャッキーは元NBA選手のモニックスを、トレードで獲得し、チームのてこ入れを図るも、中心選手クラレンスとモニックスは、ぶつかり合い、チームは相変わらず最下位をさまよう。しかし、モニックスを実質的なコーチとして特訓を始めると、チームの成績はうなぎのぼりに。



Yahoo映画



スポンサーサイト




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |