月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「私の頭の中の消しゴム」(2004)

韓国映画
英題:A MOMENT TO REMEMBER


お気に入り度
☆☆☆++

なかなか感動した。

若い女性がアルツハイマー病になる話で、主題は恋愛。

イ・ジェハン監督・脚本、チョン・ウソン、ソン・イェジン出演。

ソン・イェジンがすっごいきれいでカワイイ。

チョン・ウソンも二枚目だけど、最後のあたりでよく泣く場面は、演技が下手だったし、演出としてもどうだったのだろうか。

で、人が病気になったり死んだりする話や、悲恋話は、それだけで感動させるものだけど、ベタといえばベタで、そこをどう美しく感動的に表現されているかが、見る側としては感心のあるところ。その意味で、美人女優、二枚目男優を、美しくかっこよく撮っているのは、良かったと思う。

ただ、ところどころ演出として、なんだかなと思うこともあった。例えば、主役の男性とその母親のエピソードも、本筋とは関係なく、主役に「影」を与えてかっこよく?とようとしてるふうであざとい。肝心のアルツハイマー病に関することが浅く、むしろ恋愛を引き立てるための道具として描かれているように見える。ヒロインが倒れたときに抱きかかえて運ぶのだけど、そういうときは動かしちゃいけないのにと思った。シーンとしては見栄えがしたけど、あざとい感じがした。病院の中で煙草を吸う場面は、表面的なかっこつけのためと思うが、やめてほしいと思った。最後に近いところでは、主役の男性がよく泣くのだけど、表現としてはお昼のテレビのメロドラマレベルと思った。最後のシーンは、尻切れトンボな終わりかたで、話にまとまった感覚がなかった。

というわけで、この作品は主に、ソン・イェジンの美しさとカワイさを鑑賞する映画というのが個人的な印象。

それにしても、すっごいかわいい。


allcinema
Yahoo映画


スポンサーサイト

テーマ:恋愛映画・ロマンティックコメディ - ジャンル:映画

☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「カンナさん大成功です!」(2006)

韓国映画
原題: (美女はつらいの)
英題:200 pounds beauty

お気に入り度
☆☆☆☆☆

よかった!


キム・ヨンファ監督、キム・アジュン主演
鈴木由美子原作


鈴木由美子さんは、「白鳥麗子でございます!」、「オマタかおる」などでも有名でおなじみの漫画家。
原作のタイトル「カンナさん大成功です」は、ほんとにセンス良いですよね。


映画中の歌「マリア」は、ブロンディの歌のカバー。


公式サイト

allcinema
Yahoo映画




テーマ:恋愛映画・ロマンティックコメディ - ジャンル:映画

☆☆☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007)

原題:MR. BEAN'S HOLIDAY


お気に入り度
☆☆☆☆+


最初はそれほど面白くないと思って見ていたのだけど、だんだん面白くなってきた。
最後はちょっと感動した(笑)

スティーヴ・ベンデラック監督は他にはあまり大きな作品がないようだけど、かなりの腕前と思った。
とくにカンヌ映画祭での上映という設定の映画中映画が、作品のなかにぴったりはまり、面白かった。

ビーンは、面白いけど、ちょっと怖い。
「大迷惑」さ加減をギャグにするのは、個人的には面白くない。


後半に登場したヒロインのエマ・ドゥ・コーヌはかなりかわいい。

じめじめして暗いイメージのイギリスに住む冴えない男が、南仏の美しい地中海に憧れる気持ちがわかるような気がする。

ウィレム・デフォー共演。


allcinema
Yahoo映画




テーマ:コメディ - ジャンル:映画

☆☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(2008)

原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL


お気に入り度
☆☆☆


ご存知インディ・ジョーンズシリーズ第4作目。

65才のハリソン・フォードがアクションをかんばっています。

ストーリーはリアリティが全くないし、突っ込みどころ満載で、遊園地とお化け屋敷みたいな映画。
CGをふんだんに駆使していて、人気俳優も使い、制作費はすごいと思うけど、内容は薄っぺらで子供向け。
最後には宇宙人や円盤も出てくる始末。
映像の迫力とアクションは楽しめるから、子供を連れて行った大人も退屈はしないでしょう。

スティーブン・スピルバーグ監督作品、ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット出演。
ヒロインは、27年前のインディアナ・ジョーンズ第一作のヒロイン、カレン・アレン。
若手のシャイア・ラブーフ(21才)を抜擢。


allcinema
Yahoo映画




テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。