FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「フィッシャー・キング」(1991)

原題:THE FISHER KING


allcinema


監督:テリー・ギリアム
(「12モンキーズ」「ブラザーズ・グリム」監督、「空飛ぶモンティ・パイソン」シリーズ(TV)出演)

出演:
ロビン・ウィリアムズ
ジェフ・ブリッジス
マーセデス・ルール(本作でアカデミー助演女優賞受賞、Anne役)
アマンダ・プラマー

ラジオのDJジャックは、辛らつな語り口で人気だったが、あるとき軽率な発言で大惨事を引き起こしてしまい、人生のどん底をさまようことに。そんなときに、浮浪者の元大学教授に出会い、ニューヨークの億万長者の屋敷にある「聖杯」を取り戻す使命があると告げられる。

凶悪な犯罪や引き起こす悲劇やそれによって傷ついた人々という深刻なテーマを扱いながら、友情や愛、心の癒しを、軽妙なタッチで描き出している。


お気に入り度
☆☆☆☆☆


印象に残った台詞…

Jack: What do you think?
Anne: I think that they were made for each other.
    Scarely, but true.







スポンサーサイト




テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆☆☆☆☆ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「陪審員」(1996)

原題:THE JUROR


allcinema


お気に入り度
☆☆☆+


まずまず、楽しめました。


タイトルの juror は陪審員のこと。
juryというと、陪審団の意味になる。一人一人を言うときには、juryman, jurywoman, juror という。
とくに性別を特定したくないときには、juror



デミ・ムーア、アレック・ボールドウィンの、こわいですね~のサスペンス。



デミ・ムーアは、1990年の「ゴースト」で、ブレークしたけど、その後はぱっとしない。

顔立ちは整っているけど、なんか男みたいだ。




テーマ:サスペンス - ジャンル:映画

☆☆☆+ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |