月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画「青い珊瑚礁」(1980)

ブルック・シールズの出演作品で、殆ど唯一ぐらい有名な作品。
あとは、「プリティ・ベビー」(1978)ぐらいでしょうか。。


幼い兄弟(たぶん)が、無人島に流され、赤ちゃんまで作っちゃうというストーリー。

allcinemaでは、従妹と書いてあるし、よくわからん。

ロリロリのブルック・シールズが、無人島で水着みたいな姿で走り回ったりするという話で、海もきれいだということなんです。


お気に入り度は

☆☆

です。


まあ、普通といえば普通なのですが、結構退屈な展開。



この作品では、ラジー賞でワースト主演女優賞受賞。しかも、「この10年ワースト主演女優賞」も受賞。


その後作品に恵まれない彼女だけど、ジョディ・フォスターとの比較は興味深いかも。

ジョディは子役で活躍した後に、アメリカンクラシックといえる「タクシー・ドライバー」で少女の娼婦役として、ロバート・デニーロと競演し、その後の大活躍は有名。

ブルック・シールズは、子供モデルとして活躍した後に、「プリティ・ベビー」でやはり、12才の娼婦役として主演し、注目を浴びる。

ジョディはエール大学で仏文だし、ブルックはプリンストンで仏文。

途中までは似ているといえば、似ている経歴なのに、その後の活躍は大違い。





スポンサーサイト

☆~☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画「母の眠り」(1998)

監督:カール・フランクリン
 「青いドレスの女」、「ハイ・クライムズ」

出演:
 レネ・ゼルウィガー
 メリル・ストリープ
 ウィリアム・ハート


ジャーナリストとして順風満帆のエレンは、母の突然の病気でキャリアを中断するはめに。病に苦しむ母親を抱える家族の苦悩と、意外な結末。そして最後にエレンが見つけたものは…

というストーリー。


お気に入り度は

☆☆☆++

です。


重たい話で、私の好みではないですが、名優たちの演技には引き込まれました。

メリル・ストリープは1998年のアカデミー主演女優賞ノミネート。

メリル・ストリープって、アカデミー主演女優賞に12回もノミネートされているけど、受賞したのは1回。助演女優賞は2回ノミネートで、1回受賞。

ウィリアム・ハートは「白いドレスの女」や「偶然の旅行者」で有名な俳優。



映画の記録







テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

☆☆☆++ | コメント:0 | トラックバック:0 |

再び「ファニー・ガール」

BSでやってたので、見入ってしまいました。。

正確には、今も見てるんですが…。

バーブラはやはりさすがのエンターティナーぶりですが、加えてチャーミング。

こんな能力をもった人が日本の俳優さんにはいないのが残念です。

いわゆる、映画で言えば、スクリーンを支配している。

スクリーンの中のすべてを思いのままにするだけの、力がある。

こんな人は、少なくとも現代の日本には到底いない。

やはり、アメリカの演劇界と、日本の演劇界では、大リーグと草野球ぐらいの差がある。

とてもかなわない。



脇役のオマー・シャリフもがんばっている。

でも、彼の代表作はやはり「ドクトル・ジバゴ」。映画史に残る演技をした。







テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

評価済み | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。