FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「父親たちの星条旗」

一枚の写真をめぐる物語。

その「一枚の写真」は、太平洋戦争の硫黄島の戦いのときの、海兵隊員が星条旗を掲げる有名な写真です。

この映画、クリント・イーストウッドはやっぱりすごい!と思いました。


どうしてアカデミー賞にノミネートされなかったんでしょう。

しかも駄作な「硫黄島からの手紙」がノミネートされてるのに。

なぞですが…。


もしかしたら、駄作だけど日本人ばかりを使うという歴史的試みの「硫黄島からの手紙」をノミネートしたので、系列作品の「父親たちの星条旗」をノミネートしにくかったのかもしれません。



私的にはこれは名作だと思いました。

お気に入り度は

☆☆☆☆☆

です。



感動しました!



硫黄島への戦闘シーンも「プライベート・ライアン」のノルマンディー上陸の戦いを思い出すような迫力のある出来で、「硫黄島からの手紙」と全く逆に、出演する役者がエキストラにいたるまですべて迫真の演技でした。



かの写真に関しては、あの構図があまりにも完璧であるために評価されているのであって、あれが初めて硫黄島(日本の固有の領土)に(占領の意味で)上げられた、合衆国国旗であるのかどうかということは、元々それほど重要ではないのだと思います。いまさらその「嘘」を取り上げてもどうかな?とは思います。




映画の記録
新着順




allcinema



スポンサーサイト




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |