FC2ブログ

月水金別館 映画れびゅー お気に入り度メモ (ネタばれあり)

個人的お気に入り度を☆で表しています。記録の都合上ネタバレのことが多いので、ご注意ください。

映画「天使にラブ・ソングを…」

1992年公開のウーピー・ゴールドバーグ主演の有名なコメディ映画。

音楽もまあまあよくて、疲れず楽しめる。

☆☆☆++

のお気に入り度です。


楽天ではこちら…

1200円です。





この映画で私的にぴかいちだったのは、脇役のメアリー・ロバート役のウェンディ・マッケナが、たいへんチャーミングな演技をしていたこと。最初にウーピー演じる主役のデロリスと一緒のテーブルにつくときに、横からキョトンとしたまなざしで興味深く眺めるところや、歌の場面では照れながらもリジョイスするところ、などなど。「引っ込み思案」を演じさせてこれ以上の人はいないのではないかという名演技。この女優さんあまり映画に出ていないようで残念。


ゴスペルっぽい歌が売りの映画ですが、期待しすぎるとガッカリするかも。わるくはないんですが、最高のできではないと思う。人気者ウーピーの歌唱力も疑問です。またスクリーンでアップで見ると、どうしてギャングの親分が、こんなおばちゃんを愛人にするのかなってぐらい。歌えてコメディもできる女優が他にいなかったのだろうか。


ストーリーのシスターが少しハメはずしながら大活躍するパターンは、どこかでみたようなもので、キリスト教信者の多いアメリカならでは。穏やかなシスターが大活躍するギャップが楽しく、また悪党もシスターには歯が立たないというパターンもありがち。ありがちなだけに楽に安心して見ることもできる。







スポンサーサイト




映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |